感謝を伝えるお葬式 | メモリア
24時間365日対応いつでも対応 お気軽にご相談ください 費用
通話無料 0120-091-091 式場検索
お急ぎの方はこちら24時間365日対応いつでも対応 お気軽にご相談ください

メモリアの想い

感謝を伝えるお葬式

お葬式は生きるという
意味に気づき
「感謝」を伝える
ことができる貴重な場

感謝を伝えるお葬式 感謝を伝えるお葬式

お葬式の時にしか生まれない厳粛な気持ちで、故人様への感謝を分かち合うことができる。
「お葬式は誰のため?」「何のためにお葬式をするのですか?」こうお聞きすると、
大抵の方は「故人様のため」とお答えになられます。
または、「単なる儀式だ」と答える方も最近はいらっしゃるかもしれません

もちろん、お葬式は故人様の人生を振り返り、
故人様らしい見送り方をして感謝の気持ちを伝えることが主たるものです。
しかしそれだけではありません。

なぜこのような質問をするのか、それはお葬式の理由がはっきりしないと、
何が自分らしいお葬式なのか、何がご家族らしいお葬式なの判断できず後悔が残ることがあるからです。

この質問の答えをお話しする前に、一つ昔話をさせていただきます。
これはメモリアの代表の実体験になります。

ある夏の日にあった、とあるご葬儀の話です。 ある夏の日にあった、とあるご葬儀の話です。

ある夏の日にあった、
とあるご葬儀の話です。

故人様は、80代後半の女性でした。
通常、お葬式の最後にはお花を故人様に手向ける儀式がございます。
悲しみの中で、祭壇の前に30人ほどのご親戚が集まり、一人ひとりが故人様にお花を手向けます。
それはいつも見慣れた出来事のはずでした。

いつもなら言葉少ない涙のお別れなのですが、この日はこんな言葉で始まったのです。

おばあちゃん、ありがとう おばあちゃん、ありがとう

すると次から次へと「母さん、ありがとう」「姉さん、ありがとう」一人ひとりが涙ながらに、
感謝の言葉とともに、お花を捧げられたのです。

そして、
すべての方が「ありがとう」
最後の言葉に選んだのです。

ある夏の日にあった、とあるご葬儀の話です。 ある夏の日にあった、とあるご葬儀の話です。

それまでお葬式には、「悲しい」「忌まわしい」などマイナスの言葉しか似合わないと思っていました。
しかし、「ありがとう」という日本で一番素敵な言葉が似合うことに気づきました。

この日以来、
私たちのお葬式に対する考え方は大きく変化しました。

メモリアの想い メモリアの想い

お葬式は故人様へ、あるいは故人様からご家族やご友人への「感謝」を伝える場だと考えております。
お葬式は確かに悲しみの場です。でもそれだけではありません。

感謝の気持ちを分かち合える
貴重な場なのです。
お葬式をする
理由ではないでしょうか?

私たちメモリアは社会に提案し続けます。
「何のためにお葬式をするのか?」

大切な人へ感謝
伝えるためです。

メモリアの想い

感謝を伝える
セレモニー

メモリアでは
ご遺族と故人様との時間を大切にし、
大切な方へのお見送りを「感謝」を
お伝えいただける様に、
葬儀・家族葬のお手伝いいたします。

親族控室

ご家族・親族と家族旅行に来たかのような
あたたかい時間を、
故人様と一緒にお過ごし下さい。

親族控室

心安らかにお別れの時を
過ごしていただく空間

ご葬儀の際、喪主様は7割の時間を親族控室で過ごされます。ご葬儀を執り行うホールの設備の充実はもちろん、「故人様との最後の家族旅行」をイメージし、ご家族やご親族さまとでゆったりと過ごしていただくために、寛ぎをもたらす色調と工夫を施しております。
また、故人様を最初にお迎えする安置室には、故人様を心を込めて送ってあげたいという願いを込めた色調とアクセントを始め、温もりを感じていただけるような全体の色彩計画を施しております。

専門の花職人によるお花
こだわりのお料理
クルージング
湯灌
安心サポート

式場案内

岐阜県の岐阜市・大垣市・池田町・揖斐川町・神戸町・垂井町に12の葬儀・家族葬ホール
関ケ原町・養老町・安八町・輪之内町・海津市の公共斎場でのお葬式もお任せください。

式場外観

詳しくはこちら