焼香マナー 意外と知らない焼香の種類とやり方とは | メモリア
24時間365日対応いつでも対応 お気軽にご相談ください 費用
通話無料 0120-091-091 式場検索
お急ぎの方はこちら24時間365日対応いつでも対応 お気軽にご相談ください
お役立ち情報

焼香マナー 意外と知らない焼香の種類とやり方とは

no image
葬儀の際や、法事・法要時などにおこなう「焼香」。
普段ではなかなか実践する機会も少ないことから、いざその時が来ると正しい方法が分からず不安に感じた経験をお持ち方は少なくないのではないでしょうか。

この記事では焼香の種類とそれぞれの正しいやり方について解説していきます。

焼香のやり方【基本の作法】
基本的に右手の親指・人差し指・中指の3本の指で抹香(まっこう)を軽くつまみ、目の高さ程度まで持ち上げます。この動作を「おしいただく」と言います。

おしいただくとは
おし-いただ・く【押(し)頂く/押し▽戴く】
1 物を恭しく顔の全面の情報にささげ持つ。「賞状を―・く」
2 そのひとを敬って組織の長として迎える。「葬祭に―・く」(goo辞書より)

そして指に残らないように高炉の中にこするようにして抹香を落とします。これを1~3回行います。

焼香の種類①【立礼焼香】
椅子席の式場で多く用いられる、立って行うやり方です。
数珠を左手で持ち、焼香台へ進みます。
焼香台手前で止まり、遺族・親族に一礼してから焼香台の前に進みます。
宗派ごとの作法に従って抹香(まっこう)をつまみ高炉に落とします。
祭壇(遺影)に向かって合掌し一礼します。
一、二歩下がって遺族・親族に一礼して席に戻ります。

焼香の種類②【座礼焼香】
座礼焼香は畳敷きの式場で多く用いられる、座って行うやり方です。
基本的な順序は立礼焼香と同様ですが、
・焼香台の前までは直立せず少し腰を落として移動する
・お焼香は座布団の上で正座で行う
・遺族・親族への一礼は、座布団から降りた状態で行う
という3点が立礼焼香と異なります。

焼香の種類③【回し焼香】
回し焼香の一番の特徴は、立礼焼香や座礼焼香とは違い、焼香台に自分から向かうのではなく、高炉を参列者で順に回して行き、受け取った焼香炉を自分の前に置き、焼香が終われば隣の人に回すというやり方です。
会場が狭い場所で多く用いられるやり方で、自宅で執り行う法要や法事の際などにも多く用いられています。
・焼香台へ行く、自分の席に戻るという動作が無い
・遺族や親族への一礼がない
・焼香炉が回ってきたら自分の前において、正座で焼香をする
・終わったら隣の人へ回す

焼香は故人を偲ぶ気持ちが重要
細かく解説するならば、おしいただく回数は宗派によって異なりますし、相手の宗派に沿って行うことが丁寧と言えますが、ご自身の進行している宗派があるならその宗派に沿ったやり方でも問題ありません。
多くの僧侶は、回数が大切なのではなく「故人を偲ぶ気持ち」という考えを持っています。
そのうえで可能な限り故人を尊重するのが適切と言えます。

お香の煙に故人への想いをのせて、正しいマナーでお祈りできるようこの記事を参考になさって下さい。

お役立ち情報一覧

事前相談はこちらから 事前相談はこちらから

葬儀・家族葬のご質問に関しましては、
専門の相談員がお答えいたします。

お葬式でご不安なことや
分からないこと、
弊社の会員制度など
何でもお尋ねください。

事前相談はこちらから