香典返し

「感謝」の気持ちを込めて

香典返しとは、葬儀の際にいただいた香典のお礼として、礼状と品物を贈ることを言います。 香典返しは、忌明けの法要が終わった後に、忌明けの報告とお礼を兼ねて行うのが一般的です。

香典返しは、仏式の場合、三十五日から四十九日の法要の後、神式では三十日祭および五十日祭の後、キリスト教では本来、香典の習慣はありませんが、葬儀後1ヶ月以内に贈る人が多いそうです。
※宗教によって贈る時期が異なります。

葬儀や通夜の当日に渡す「即日返し」

葬儀を終えられた後は、香典帳の整理や住所の確認などでかなり手間がかかります。

そこで、あらかじめ香典返しの品物を用意しておき、葬儀や通夜の当日にお礼の気持ちを込めて渡す「即日返し」や「即返し」が増えています。

式場にて一人ずつ参列された方へ直接渡すため、香典帳の記入漏れや住所の間違いなどでの送付漏れがなくなるだけでなく、参列された方々へ感謝の気持ちを込めて、直接お渡しすることができます。

メモリアのお葬式プランの一部には、香典返しが人数分含まれております。

※香典返しが予定より残った場合は、その分を返金いたします。