メモリアについて

葬祭ディレクター

ご相談からアフターフォローまで一貫して誠心誠意寄り添います。
大切な方を亡くされた悲しみの中で、不慣れな葬儀について判断しなければいけないご遺族のために、少しでもご遺族のそばに立って誠心誠意寄り添えるようなお手伝いをしたいと考えております。

葬祭ディレクターとは

「葬祭ディレクター試験」というのをご存じでしょうか。
葬祭ディレクター制度は、葬祭業界に働く人にとって必要な知識・技能のレベルを審査し認定するもので、これは厚生労働省が認定する、お葬式業界で唯一の資格試験です。

このディレクター試験には、全ての葬儀を行える能力を証明する「1級」と、個人葬を行える能力を証明する「2級」があります。
一級の取得者は現在でも8千人程度しかいないのです。 ご葬儀の仕事をする場合に必ず必要になる資格ではありませんが、葬祭ディレクター の資格があるということは厚生労働省が認定できるレベル以上の信頼できるディレクターである、ということが言えるのです。

  • 筆記や実地のテストといった、とても厳しい審査があり受講者は何ヶ月も前から練習に練習を重ねて初めてディレクターに成ることが出来るのです。
    ところが、悲しいことにこの資格も業界では完全に普及しているとは言えません。
    まだまだ、資格を取得している者も、資格取得を支援している会社も一部なのです。

    メモリアの場合は、資格取得の支援制度があるため多くのスタッフがディレクターの資格を取得しています。そして、葬祭ディレクター資格を取得しているスタッフが、ご遺族の皆様のご要望に対して適切なアドバイスをいたします。

当社の有資格者

事前相談からご葬儀、式後のアフターフォローまで、地域の担当者が一貫したチーム体制でご対応いたします。

厚生労働省認定葬祭ディレクター技能制度

1級葬祭ディレクター

厚生労働省認定葬祭ディレクター技能制度

2級葬祭ディレクター