岐阜・大垣・西濃での葬儀・お葬式・家族葬ならメモリア(松岡屋葬儀社・アサノセレモニー)

岐阜・大垣での葬儀・家族葬での喪主様の不安と負担を最小限にいたします お悩みの方は今すぐお電話ください

HOME > メモリアの特長 > 「感謝」を伝えるお葬式

「感謝」を伝えるお葬式

生きるという意味に気づいて、「感謝」を感じることの出来る貴重な場

「お葬式は誰のため?」こうお聞きすると、大抵の方は「故人様のため」とお答えになられます。または、「単なる儀式だ」と答える方も最近はいらっしゃるかもしれません。
もちろん、お葬式は故人様の人生を振り返り、故人様らしい見送り方をして感謝の気持ちを伝えることが主たるものです。しかしそれだけではありません。

大切な人へ「感謝」を伝える

大切な人へ「ありがとう」

「何のためにお葬式をするのですか?」
なぜこんなことを聞くのかというと、お葬式の理由がはっきりしないと、何が自分らしいお葬式なのか、何かご家族らしいお葬式なのか判断できず後悔が残ることがあるからです。

この質問の答えをお話しする前に、一つ昔話をさせていただきます。
これは松岡屋葬儀社の代表の実体験になります。

その日の故人様は、80代後半の女性でした。
通常、お葬式の最後にはお花を故人様に手向ける儀式がございます。
悲しみの中で、祭壇の前に30人ほどのご親戚が集まり、一人ひとりが故人様にお花を手向けます。
それはいつも見慣れた出来事のはずでした。
いつもなら言葉少ない涙のお別れなのですが、この日はこんな言葉で始まったのです。
「おばあちゃん、ありがとう」すると次から次へと
「母さん、ありがとう」「姉さん、ありがとう」
一人一人が涙ながらに、感謝の言葉とともに、お花をささげられたのです。
そして、すべての方が「ありがとう」を最後の言葉に選んだのです。

それまでお葬式には、「悲しい」「忌まわしい」などマイナスの言葉しか似あわないと思っていました。
しかし、「ありがとう」という日本語で一番素敵な言葉が似合うことに気づきました。この日以来、私たちのお葬式に対する考え方は大きく変化しました。
お葬式は故人様へ、あるいは故人様からご家族やご友人への「感謝」を伝える場だと考えております。お葬式は確かに悲しみの場です。でもそれだけではありません。感謝の気持ちを分かち合える貴重な場なのです。それこそがお葬式の理由ではないでしょうか。

大切な人へ「感謝」を伝えるため

皆様の『万が一』に備えて、メモリアではいつでも・どこでも・どんなことでも相談にのる用意が整っています。

  • メールでの事前相談はこちら

    メールフォーム
  • メールでの資料請求・見積もり依頼はこちら

    メールでの資料請求・見積もり依頼はこちら

  • お電話でのご相談はこちら

    0120-091-091

お客様に安心と満足を提供する

ご利用されたお客様の声

0120-091-091 ご葬儀に関することは何でもご相談ください。
  • 事前相談はこちら
  • 無料小冊子のお申し込み

ZERO会員登録登録はこちらから

スタッフ紹介はこちら

ご法要プラン

供花・供物のご注文

お葬式の基礎知識

メモリアの生花祭壇

いきいきあんしん倶楽部

花こよみブログ

  • よくいただく質問
  • サービスガイドライン
  • プライバシーポリシー

ISO9001 松岡屋葬儀社は、JECIA (日本儀礼文化調査協会)最上級 評価「5つ星」認定企業です。